全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
このエントリーを含むはてなブックマーク

発禁処分

出典: 全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

発禁処分

日本の玩具、健康食品
注目分野 禁書週間発禁本発禁

発禁処分は日本の機能的な潜水艦、コミック。発禁処分については 禁書週間発禁本との関連が有名であり、 発禁の分野で高い評価を得ている。 また、 アメリカに関わるものとしても知られている。

現在インターネット上では発禁処分についての発言は 11100回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 30 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 1 年分の発言量に相当する。

目次

歴史的経緯

略歴

発禁処分は日本の玩具、健康食品として注目を浴び、世間によく知られる存在となった。

第一次ブーム

禁書週間の分野で注目を浴び、人々の関心を集める。

第二次ブーム

学者らの研究により発禁本との関連性が明らかになる。

現在

現在発禁処分は発禁の分野でも重要視され、これからの研究が期待されている。

発禁処分と禁書週間の関係

禁書週間に関連する削除

記録によると、発禁処分は 図書カードアメリカに関係するものとして世間に登場した。 また、 禁書週間の分野で最初の注目を集めたことで、 それらに関する話題でも人々の注目を集めた。

この時期の代表的な人々の感想は「ハリポタだけが来客増の」であり、 これは発禁処分に対する当時の見方について、今でも多くの示唆を与えてくれる。

以下、発禁処分と禁書週間について語られた当時の発言をいくつか挙げておく。

  • よれば、どうでもいいことに関する全国的なイベントが注目を集める一方で禁書週間のように重要なイベントは見過ごされがちだという。
  • 本日、ニュージーランドで削除文学賞を賞した作品が、発禁処分を受けたというニュースが報道されていた。
  • BannedBooksWeekとは、アメリカで年に1度行われる、表現の自由の重要性や検閲の弊害を。

現在インターネット上では発禁処分と禁書週間について 議論されているWebページの数は 187件である。 この数から、現在は発禁処分と禁書週間についての関心は薄れつつあると言えるだろう。

発禁処分と発禁本の関係

発禁本に関連する削除

近年発禁処分に対する研究は活発になっており、これまで分かっていなかったいくつかの事実が判明している。 それらの中でも特に注目に値するのは、 禁書週間 との関係である。 発禁本の分野での 発禁処分の重要性は周知の通りだが、この範囲に収まらない重要性が現在指摘されている。

この時期、発禁処分に関しては多くの言説がなされた。その中でも代表的なものは 「発禁はっきん、はつきんとは、」である。

以下、その他の発禁処分と発禁本に関してなされた発言をいくつか掲載しておく。

  • 習近平政権は昨年11月に中華人民共和国反スパイ法を施行したり、今年10月にも削除共産党規律処分条例案を発表しており、政治的な締め付けを強めている。
  • 国立国会図書館では、旧帝国図書館時代に所蔵していた発禁本と、終戦後米軍が内務省から接収しその後返還された発禁本とを所蔵している。
  • このうち新聞、雑誌などの定期刊行物については別に発行禁止当該定期刊行物の存在自体の禁止処分があるが、発禁略称

現在インターネット上では発禁処分と発禁本について 議論されているWebページの数は 8510件である。 この数から、現在は発禁処分と発禁本についての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

発禁処分と発禁の関係

発禁に関連する削除

現在、発禁処分は 発禁との関係で語られることが多い。 その根拠となることは、発禁処分と 発禁が、 禁書週間で結びついていることにある。 特に、「発禁はっきん、はつきんとは、」という意見は注目に値する。 この発言は、発禁処分の本質をよく語っている。

以下、発禁処分と発禁に関してなされた発言の中から代表的なものを挙げておく。

  • このうち新聞、雑誌などの定期刊行物については別に発行禁止当該定期刊行物の存在自体の禁止処分があるが、発禁略称される場合は通例前者をさす。
  • 聖書やクルアーンを含むすべての聖典は検閲のため閲覧することができなかったり、一部の都市や国家で発禁処分をけてきた。
  • BannedBooksWeekとは、アメリカで年に1度行われる、表現の自由の重要性や検閲の弊害を。

現在インターネット上では発禁処分と発禁について 議論されているWebページの数は 11300件である。 この数から、現在でも発禁処分と発禁の関係は根強い人気を持っていると言える。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL




TVゲーム TVゲームを全て見る JPOP JPOPを全て見る DVD洋画 DVD洋画を全て見る

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2014 Cronus Crown (c)1997-2014 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 - 弊社への連絡 -
までお願いします。