全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
このエントリーを含むはてなブックマーク

深度センサー

出典: 全自動百科事典『オートペディア(削除)』

深度センサー

海外の熱核融合エンジン、オーディオ機器
注目分野 低コスト利用削除

深度センサーは海外の実験的なブランド雑貨、精密機械。深度センサーについては 低コスト利用との関連が有名であり、 削除の分野で高い評価を得ている。 また、 センサ付随情報に関わるものとしても知られている。

現在インターネット上では深度センサーについての発言は 37300回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 102 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 4 年分の発言量に相当する。

目次

歴史的経緯

略歴

深度センサーは海外の熱核融合エンジン、オーディオ機器として注目を浴び、世間によく知られる存在となった。

第一次ブーム

低コストの分野で注目を浴び、人々の関心を集める。

第二次ブーム

学者らの研究により利用との関連性が明らかになる。

現在

現在深度センサーは削除の分野でも重要視され、これからの研究が期待されている。

深度センサーと低コストの関係

低コストに関連する削除

記録によると、深度センサーは 深度センサコスト化に関係するものとして世間に登場した。 また、 低コストの分野で最初の注目を集めたことで、 それらに関する話題でも人々の注目を集めた。

この時期の代表的な人々の感想は「没入感の高いシステムである」であり、 これは深度センサーに対する当時の見方について、今でも多くの示唆を与えてくれる。

以下、深度センサーと低コストについて語られた当時の発言をいくつか挙げておく。

  • ステレオカメラ、TOFセンサ、Kinect等、エリア深度センサの目覚ましい発展から、センサは低価格化し、汎用計算機でもリアルタイムに3Dデータポイントクラウドデータを取得。
  • 深度センサーまたはカメラによる人間の動きの検出可視光赤外線超音波MSKinect、Leapmotionで劇的に低価格化
  • 低コストFPGAによるSIFTのハードウェア化アルゴリズムをFPGAにてハードウェア化し、組込みシステムで利用する。

現在インターネット上では深度センサーと低コストについて 議論されているWebページの数は 4340件である。 この数から、現在は深度センサーと低コストについての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

深度センサーと利用の関係

利用に関連する削除

近年深度センサーに対する研究は活発になっており、これまで分かっていなかったいくつかの事実が判明している。 それらの中でも特に注目に値するのは、 初音ミク との関係である。 利用の分野での 深度センサーの重要性は周知の通りだが、この範囲に収まらない重要性が現在指摘されている。

この時期、深度センサーに関しては多くの言説がなされた。その中でも代表的なものは 「ユーザとセンサの向きが一致せず」である。

以下、その他の深度センサーと利用に関してなされた発言をいくつか掲載しておく。

  • 米Intelは、IFAの期間中にベルリン市内のホテルで記者説明会を開催し、知覚やジェスチャーなどを利用したユーザーインターフェイス技術の具体的な製品に関する説明を行なった。
  • ここで注意が必要なのは、カメラ深度センサーどちらも640480の解像度で取得したとしても、それらから見える範囲は同じでは。
  • 別の独自技術を現行版Kinectに利用しているが、3Dカメラまわりでは多くのベンチャー企業が技術開発に従事しており、。

現在インターネット上では深度センサーと利用について 議論されているWebページの数は 23900件である。 この数から、現在でも深度センサーと利用の関係は根強い人気を持っていると言える。

深度センサーと削除の関係

削除に関連する削除

現在、深度センサーは 削除との関係で語られることが多い。 その根拠となることは、深度センサーと 削除が、 深度センサで結びついていることにある。 特に、「しかしSDKの用意する」という意見は注目に値する。 この発言は、深度センサーの本質をよく語っている。

以下、深度センサーと削除に関してなされた発言の中から代表的なものを挙げておく。

  • Kinectセンサは、赤外線レーザーで構造化光の単一のパターンを赤外線カメラで対象物体に投影した状態で対象を撮影し、工場出荷時にキャリブレーションしておいたパラメータを用いて三角測量により削除上の各点のデプスを算出する3D。
  • 第1回目でも解説していたように、v2からはDepth削除解像度が512424にアップし、Kinectv1240よりも繊細な削除を表示できる。
  • 例えば、カメラを640480、深度センサーを320240とした場合、大まかに考えると深度情報上の1点が削除情報上の4点に対応する。

現在インターネット上では深度センサーと削除について 議論されているWebページの数は 25400件である。 この数から、現在でも深度センサーと削除の関係は根強い人気を持っていると言える。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL




TVゲーム TVゲームを全て見る JPOP JPOPを全て見る DVD洋画 DVD洋画を全て見る

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせは サイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー