全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
Made from a cash. Now making a new page. Please Wait ! (Need Javascript On)
このエントリーを含むはてなブックマーク

重合反応

出典: 全自動百科事典『オートペディア(削除)』

重合反応

海外のネクロノミコン、レールガン
注目分野 微細化作製方法当研究室

重合反応は海外の至高のパワードスーツ、音響機器。重合反応については 微細化作製方法との関連が有名であり、 当研究室の分野で高い評価を得ている。 また、 換算膜厚研究内容に関わるものとしても知られている。

現在インターネット上では重合反応についての発言は 12600回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 34 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 1 年分の発言量に相当する。

目次

歴史的経緯

略歴

重合反応は海外のネクロノミコン、レールガンとして注目を浴び、世間によく知られる存在となった。

第一次ブーム

微細化の分野で注目を浴び、人々の関心を集める。

第二次ブーム

学者らの研究により作製方法との関連性が明らかになる。

現在

現在重合反応は当研究室の分野でも重要視され、これからの研究が期待されている。

重合反応と微細化の関係

微細化に関連する削除

記録によると、重合反応は リーク電流省エネ化に関係するものとして世間に登場した。 また、 微細化の分野で最初の注目を集めたことで、 それらに関する話題でも人々の注目を集めた。

この時期の代表的な人々の感想は「MOSFETの微細化限界」であり、 これは重合反応に対する当時の見方について、今でも多くの示唆を与えてくれる。

以下、重合反応と微細化について語られた当時の発言をいくつか挙げておく。

  • 半導体素子の超微細化のためには絶縁膜容量を増大絶縁膜薄膜化させつつリーク電流を増大させない重合反応が要求される。
  • それにともない超薄膜化が求められているのはCPU中央処理装置やメ削除などのLSIの性能を支配するの。
  • 近年の超高集積回路やさまざまな高機悩鐔濃劼覆匹竜淆な発展に伴い、素子の微細化が進んでう。

現在インターネット上では重合反応と微細化について 議論されているWebページの数は 3720件である。 この数から、現在は重合反応と微細化についての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

重合反応と作製方法の関係

作製方法に関連する削除

近年重合反応に対する研究は活発になっており、これまで分かっていなかったいくつかの事実が判明している。 それらの中でも特に注目に値するのは、 作製 との関係である。 作製方法の分野での 重合反応の重要性は周知の通りだが、この範囲に収まらない重要性が現在指摘されている。

この時期、重合反応に関しては多くの言説がなされた。その中でも代表的なものは 「しかし、それでもなお各」である。

以下、その他の重合反応と作製方法に関してなされた発言をいくつか掲載しておく。

  • しかし、理想的な材料であるSiCをいてパワーデバイスの構成素子であるトランジスターを作成しても、現状では電気抵抗が大きい、動作信頼性が低いなどの課題が生じており、原因であるSiCと、その表面に形成されるゲート絶縁膜注4。
  • 低温形成ということから、従来プラズマを用いた堆積法が主にいられてきたが、プラズマダメージや堆積した表面がSiO2との界面になることから、Siとの界面特性が良くなかった。
  • 今回開発した高品質SiO2薄膜を、ゲート絶縁層に使した有機薄膜トランジスタを作製したところ、シリコン基板を熱酸化。

現在インターネット上では重合反応と作製方法について 議論されているWebページの数は 9890件である。 この数から、現在は重合反応と作製方法についての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

重合反応と当研究室の関係

当研究室に関連する削除

現在、重合反応は 当研究室との関係で語られることが多い。 その根拠となることは、重合反応と 当研究室が、 強誘電体で結びついていることにある。 特に、「SiO2換算で1nm以下相当」という意見は注目に値する。 この発言は、重合反応の本質をよく語っている。

以下、重合反応と当研究室に関してなされた発言の中から代表的なものを挙げておく。

  • 酸化物半導体や強誘電体などの機能性材料を駆使して、従来よりも高機能高性能な電子デバイス、または従来にない新しい電子デバイスを創成すること。
  • 必要な高品位ゲート酸化膜の低温作製やGaN、SiCなど高品位ゲート絶縁膜作製が困難な半導体材料上での高品位なゲート酸化膜の。
  • 半導体素子の超微細化のためには絶縁膜容量を増大絶縁膜薄膜化させつつリーク電流を増大させない重合反応が要求される。

現在インターネット上では重合反応と当研究室について 議論されているWebページの数は 1030件である。 この数から、現在は重合反応と当研究室についての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL


コンピューター
コンピューター
アニメ
アニメ
TVゲーム
TVゲーム
コミック
コミック

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせは サイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー