全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
Made from a cash. Now making a new page. Please Wait ! (Need Javascript On)
このエントリーを含むはてなブックマーク

武田テキサス

出典: 全自動百科事典『オートペディア(削除)』

武田テキサス

日本の人物
活躍分野 カプコン新ハードシリーズ

武田テキサスは日本の人物。武田テキサスについては カプコン新ハードとの関係が有名であり、 シリーズの分野で高い業績を上げている。 また、 山崎剛氏江城元秀に関する重要人物としても知られている。

現在インターネット上では武田テキサスについての発言は 909回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 2 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 0 年分の発言量に相当する。

目次

生涯

生い立ち

武田テキサスは日本の人物として注目を浴び、世間によく知られる存在となった。

世間への登場

カプコンの分野で活躍し、世間での注目を集める。

絶頂期

後に武田テキサスの代名詞となる新ハードの分野での活躍で、武田テキサスの名は世間に定着する。

現在

現在武田テキサスはシリーズの分野で活動を続けている。

武田テキサスとカプコンの関係

カプコンに関連する削除

学者らの研究によれば、武田テキサスが カプコンの分野で活躍した時期、 武田テキサスは シリーズについて強い関心を示していたことが分かっている。 また、武田テキサスはカプコンと合わせた形で多く話題に上った。 当時の人々の代表的な発言は「シリーズは2001年の」であり、この言葉は武田テキサスという人物を考える上でとても重要である。

以下は、武田テキサスについて語られた言葉として有名なものである。 以下、人々の心を捉える武田テキサスという人物が如何なるものかを知る手掛かりとして挙げておく。

  • 日本ゲーム大賞フューチャー賞受賞記念と題して、同作のプロデューサーであるカプコン江城元秀ゲストに、2005年に発売されたプレイステーション2向けアクションアドベンチャー。
  • インタビュー連載の最初に出演してもらったのは、監修を行ったカプコン江城元秀と山崎剛、演出担当した劇団スーパーエキセントリックシアターの尊鐔愎拭
  • ただし、巧舟、江城元秀のコメントについては一部ニンドリでのみ掲載のものもある。

現在インターネット上では武田テキサスとカプコンについて 議論されているWebページの数は 465件である。 この数から、現在は武田テキサスとカプコンについての関心は薄れつつあると言えるだろう。

武田テキサスと新ハードの関係

新ハードに関連する削除

近年の研究によると、 新ハードの分野で活動した時期、 武田テキサスは 逆転裁判 について強い興味を抱いていた。 また、新ハードの分野で武田テキサスは実力を発揮した。 「探索パートに新要素が登場」という言葉はこの時期の武田テキサスをよく表現している。

この時期の武田テキサスに関する人々の発言は、よく記録に残っている。それらの中から興味深いものをいくつか挙げておく。

  • 頭身が違和感なく描ける限界だし、現場を歩く際にもストレスがない削除ズだと思っているし、ニンテンドーDSというハード。
  • 任天堂岩田社長と紺野プロデューサーとの対談、会場出口で行った100人調査などで、新ハード披露目のリアルな興奮を。
  • プロデューサーの江城元秀、ディレクターの山崎崎は旧字剛、アートディレクターの岩元辰郎に。

現在インターネット上では武田テキサスと新ハードについて 議論されているWebページの数は 179件である。 この数から、現在は武田テキサスと新ハードについての関心は薄れつつあると言えるだろう。

武田テキサスとシリーズの関係

シリーズに関連する削除

現在、武田テキサスは活動の舞台を シリーズに移している。 武田テキサスは カプコンについて多くの洞察を示しており、 シリーズの分野での武田テキサスの言動は世間の関心を集めている。 この分野における武田テキサスは「シリーズは2001年の」という言葉とともに語られることが多く、 こういった見方は武田テキサスとシリーズの関係について人々に重要な示唆を与えている。

近年における武田テキサスに関する発言として有名なものを、いくつか挙げておく。

  • シリーズは、弁護士である主人公が無実の罪に問われている被告人を救うために奮闘する法廷バトルアドベンチャー。
  • まずはプロデューサーの江城元秀とディレクターの山剛が登壇し、本作の舞台となる場所や登場する。
  • 江城元秀と山崎剛、演出の尊鐔愎燭考える舞台の見どころに迫る。

現在インターネット上では武田テキサスとシリーズについて 議論されているWebページの数は 592件である。 この数から、現在は武田テキサスとシリーズについての関心は薄れつつあると言えるだろう。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL




TVゲーム TVゲームを全て見る JPOP JPOPを全て見る DVD洋画 DVD洋画を全て見る

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせは サイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー