全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
このエントリーを含むはてなブックマーク

三田井

出典: 全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

三田井

日本の人物
活躍分野 バス路線口コミ三田井氏

三田井は日本の人物。三田井については バス路線口コミとの関係が有名であり、 三田井氏の分野で高い業績を上げている。 また、 中心集落内陸交通に関する重要人物としても知られている。

現在インターネット上では三田井についての発言は 90400回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 247 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 10 年分の発言量に相当する。

目次

生涯

生い立ち

学生時代、tgt_nmはいずれにしろ三田井は大神惟基の長子高千穂惟政の後裔と伝えられ、名字の地三田井は臼杵郡五個瀬川の上流高千穂郷の一邑で、その中心であったことで世間に知られるようになった。 その後、三田井は名字の地三田井は、臼杵郡五個瀬川の上流高千穂郷の一邑でその中心であったことでも注目されるようになり、現在に至る。

世間への登場

バス路線の分野で活躍し、世間での注目を集める。

絶頂期

後に三田井の代名詞となる口コミの分野での活躍で、三田井の名は世間に定着する。

現在

現在三田井は三田井氏の分野で活動を続けている。

三田井とバス路線の関係

バス路線に関連する削除

学者らの研究によれば、三田井が バス路線の分野で活躍した時期、 三田井は 路線バスについて強い関心を示していたことが分かっている。 また、三田井はバス路線と合わせた形で多く話題に上った。 当時の人々の代表的な発言は「引揚記念館へのアクセス」であり、この言葉は三田井という人物を考える上でとても重要である。

以下は、三田井について語られた言葉として有名なものである。 以下、人々の心を捉える三田井という人物が如何なるものかを知る手掛かりとして挙げておく。

  • 備前田井駅びぜんたいえきは、岡山県玉野市田井三丁目にある、西日本旅客鉄道JR西日本宇野線宇野みなと線の駅である。
  • 宮崎交通のバス事業は宮崎県内を網羅する路線バス、福岡熊本長崎鹿児島大分に高速バス、貸切バス観光バスを運行中。
  • 中でも中心集落の三田井は本流沿いにまとまって広がる緩斜面に立地し四方にバス路線が通じる内陸交通の要地であり。

現在インターネット上では三田井とバス路線について 議論されているWebページの数は 4180件である。 この数から、現在は三田井とバス路線についての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

三田井と口コミの関係

口コミに関連する削除

近年の研究によると、 口コミの分野で活動した時期、 三田井は カレー上 について強い興味を抱いていた。 また、口コミの分野で三田井は実力を発揮した。 「日本最尊鐔蕕離哀襯畉鐔ト」という言葉はこの時期の三田井をよく表現している。

この時期の三田井に関する人々の発言は、よく記録に残っている。それらの中から興味深いものをいくつか挙げておく。

  • 高千穂峡周辺ホテル、口コミやランキングなど旅行や出張に便利なホテル情報が満載、高千穂町の中で一番得なホテルを探すのに便利、高千穂町にあるホテルの488件の口コミ、ホテルの削除をご用意。
  • 高千穂ランチ野菜のみで煮込んだカレー上には素あげの野菜がのっているスパイスは感じますがどこか優しい味ご飯も地物の米でもっちり。
  • 杜の宿ホテル四季見に関する旅行者からの口コミ、削除、地図をトリップアドバイザーでチェック。

現在インターネット上では三田井と口コミについて 議論されているWebページの数は 13600件である。 この数から、現在でも三田井と口コミの関係は根強い人気を持っていると言える。

三田井と三田井氏の関係

三田井氏に関連する削除

現在、三田井は活動の舞台を 三田井氏に移している。 三田井は 字城ノ平について多くの洞察を示しており、 三田井氏の分野での三田井の言動は世間の関心を集めている。 この分野における三田井は「三田井氏の起りについて」という言葉とともに語られることが多く、 こういった見方は三田井と三田井氏の関係について人々に重要な示唆を与えている。

近年における三田井に関する発言として有名なものを、いくつか挙げておく。

  • 天正19年1591年延岡の高橋元種は調略によって寝返らせていた甲斐宗摂を道案内に三田井を攻め、三田井を滅ぼすと、文禄4年1595年には宗摂も謀反の疑いで高橋元種に中崎城を攻められ落城、甲斐宗摂は城から削除出したものの鶴の平に。
  • 菊池のうち、一時甲斐国に行き、足利尊の時代に九州に帰った国人菊池重村甲斐重村に始まる甲斐は、菊池が内紛を起こした南北朝時代に高千穂神社の神官、三田井の客分となり、阿蘇の重臣として肥後に進出した。
  • 蛍丸国俊ほたるまる由来尊の九州西下多良浜の戦い蛍の夢来歴兄弟刀宮崎の蛍丸伝来高千穂三田井阿蘇との関係島津家の削除侵攻秀吉の九州平定二つの蛍丸伝説蛍丸国俊ほたるまる。

現在インターネット上では三田井と三田井氏について 議論されているWebページの数は 27000件である。 この数から、現在でも三田井と三田井氏の関係は根強い人気を持っていると言える。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL




TVゲーム TVゲームを全て見る JPOP JPOPを全て見る DVD洋画 DVD洋画を全て見る

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2014 Cronus Crown (c)1997-2014 Masakazu Yanai
このWebPageに関するご意見・お問い合わせは
サイト情報 - 弊社への連絡 -
までお願いします。