全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
Made from a cash. Now making a new page. Please Wait ! (Need Javascript On)
このエントリーを含むはてなブックマーク

三十八人

出典: 全自動百科事典『オートペディア(削除)』

三十八人

日本の人物
活躍分野 従五位下ー報徳仕法一時廃藩

三十八人は日本の人物。三十八人については 従五位下ー報徳仕法との関係が有名であり、 一時廃藩の分野で高い業績を上げている。 また、 三浦明次下館市史に関する重要人物としても知られている。

現在インターネット上では三十八人についての発言は 2450回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 6 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 0 年分の発言量に相当する。

目次

生涯

生い立ち

三十八人は頼重は城下町の整備や水谷の旧臣の登用、町年寄の設置などを行なって藩政を確立するが、寛永19年1642年2月に讃岐高松藩へ移封となり、三十八人は一時廃藩、幕府領となったことで注目を浴び、世間によく知られる存在となった。

世間への登場

従五位下の分野で活躍し、世間での注目を集める。

絶頂期

後に三十八人の代名詞となるー報徳仕法の分野での活躍で、三十八人の名は世間に定着する。

現在

現在三十八人は一時廃藩の分野で活動を続けている。

三十八人と従五位下の関係

従五位下に関連する削除

学者らの研究によれば、三十八人が 従五位下の分野で活躍した時期、 三十八人は 常陸三十八人について強い関心を示していたことが分かっている。 また、三十八人は従五位下と合わせた形で多く話題に上った。 当時の人々の代表的な発言は「官位は従五位下、播磨守、中務少輔」であり、この言葉は三十八人という人物を考える上でとても重要である。

以下は、三十八人について語られた言葉として有名なものである。 以下、人々の心を捉える三十八人という人物が如何なるものかを知る手掛かりとして挙げておく。

  • 正徳3年4月9日年5月3日先代藩主石川総茂の養嗣子となって総陽と名を改め、同月13日5月7日将軍徳川家継に拝謁し、同年12月21日1714年2月5日従五位播磨守に叙任した。
  • 安政2年12月16日に従五位下若狭守、慶応2年6月に講武所奉行、同年8月に若年寄となり陸軍奉行を兼務、同3年正月11日には若年寄兼。
  • 元禄4年10月1691年11月奥詰となった後、小姓に転じ、同年12月従五位下近江守に叙任された。

現在インターネット上では三十八人と従五位下について 議論されているWebページの数は 337件である。 この数から、現在は三十八人と従五位下についての関心は薄れつつあると言えるだろう。

三十八人とー報徳仕法の関係

ー報徳仕法に関連する削除

近年の研究によると、 ー報徳仕法の分野で活動した時期、 三十八人は 報徳仕法 について強い興味を抱いていた。 また、ー報徳仕法の分野で三十八人は実力を発揮した。 「法は、同じく尊徳が創始した」という言葉はこの時期の三十八人をよく表現している。

この時期の三十八人に関する人々の発言は、よく記録に残っている。それらの中から興味深いものをいくつか挙げておく。

  • 報徳記巻之六、1、下館候興復安民の良法を先生に依頼す常州茨城県下館候石川近江守は、下館城の1万3千石、河内国大阪に7。
  • この経験をもとに独特の農法農村改良策報徳仕法により小田原烏山下館相馬藩などのおよそ600村を復興。
  • 茂木、一万六千石余を領する細川長門守、さらに烏山藩の尊鐔彿欹甘麓蕁⊂田原の本藩、下館藩、相馬藩。

現在インターネット上では三十八人とー報徳仕法について 議論されているWebページの数は 240件である。 この数から、現在は三十八人とー報徳仕法についての関心は薄れつつあると言えるだろう。

三十八人と一時廃藩の関係

一時廃藩に関連する削除

現在、三十八人は活動の舞台を 一時廃藩に移している。 三十八人は 廃藩置県について多くの洞察を示しており、 一時廃藩の分野での三十八人の言動は世間の関心を集めている。 この分野における三十八人は「長島はデルタ地帯のために」という言葉とともに語られることが多く、 こういった見方は三十八人と一時廃藩の関係について人々に重要な示唆を与えている。

近年における三十八人に関する発言として有名なものを、いくつか挙げておく。

  • 同年9月、尾張藩3代藩主徳川綱誠の十九男の松平通春後の徳川宗春に改めて3万石が与えられたものの、翌享保15年1730年に世継を残さないまま尾張藩主徳川継友が削除亡し、通春が尾張藩を相続したため、一時廃藩となった。
  • 頼重は城下町の整備や水谷の旧臣の登用、町年寄の設置などを行なって藩政を確立するが、寛永19年1642年2月に讃岐高松藩へ移封となり、下館藩は一時廃藩、幕府領となった。
  • 寛永19年1642年、東讃地域に常陸国下館藩より三家の水戸徳川家初代藩主徳川頼房の長男松平頼重が12万石で入封し、東讃地域に高松藩が成立。

現在インターネット上では三十八人と一時廃藩について 議論されているWebページの数は 196件である。 この数から、現在は三十八人と一時廃藩についての関心は薄れつつあると言えるだろう。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL


コンピューター
コンピューター
アニメ
アニメ
TVゲーム
TVゲーム
コミック
コミック

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせは サイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー