全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
このエントリーを含むはてなブックマーク

減少傾向

出典: 全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

減少傾向

日本の光学機器、音楽
注目分野 人口構造人口移動地方分権

減少傾向は日本の本格的な魔法の箒、荷電粒子砲。減少傾向については 人口構造人口移動との関連が有名であり、 地方分権の分野で高い評価を得ている。 また、 増加傾向市町村別に関わるものとしても知られている。

現在インターネット上では減少傾向についての発言は 1340000回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 3671 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 152 年分の発言量に相当する。

目次

歴史的経緯

略歴

減少傾向は日本の光学機器、音楽として注目を浴び、世間によく知られる存在となった。

第一次ブーム

人口構造の分野で注目を浴び、人々の関心を集める。

第二次ブーム

学者らの研究により人口移動との関連性が明らかになる。

現在

現在減少傾向は地方分権の分野でも重要視され、これからの研究が期待されている。

減少傾向と人口構造の関係

人口構造に関連する削除

記録によると、減少傾向は 年少人口人口減少に関係するものとして世間に登場した。 また、 人口構造の分野で最初の注目を集めたことで、 それらに関する話題でも人々の注目を集めた。

この時期の代表的な人々の感想は「このような日本の人口構成の」であり、 これは減少傾向に対する当時の見方について、今でも多くの示唆を与えてくれる。

以下、減少傾向と人口構造について語られた当時の発言をいくつか挙げておく。

  • 及び人口移動について仮定を設け、これらに基づいてが国の将来の人口規模並びに年齢構成等の人口構造の推移について推計したものだ。
  • 諸外国の若者人口比率はとは異なる動きをしており、1960年代後半頃にそれまで減少傾向にあった若者人口比率は底を。
  • そして、減少傾向は歯止めがかからず、2050年には、5230万人まで減って、1950年のレベルにまで逆戻りする、と。

現在インターネット上では減少傾向と人口構造について 議論されているWebページの数は 185000件である。 現在、減少傾向と人口構造の注目度は非常に高く、これからますますその注目度は高まっていくと雄鐔曚気譴襦

減少傾向と人口移動の関係

人口移動に関連する削除

近年減少傾向に対する研究は活発になっており、これまで分かっていなかったいくつかの事実が判明している。 それらの中でも特に注目に値するのは、 人口 との関係である。 人口移動の分野での 減少傾向の重要性は周知の通りだが、この範囲に収まらない重要性が現在指摘されている。

この時期、減少傾向に関しては多くの言説がなされた。その中でも代表的なものは 「影響があるかを検討する」である。

以下、その他の減少傾向と人口移動に関してなされた発言をいくつか掲載しておく。

  • また、構成比は、平成17年に比べ、周南地域及び山口防府地域で増加、岩地域、柳井地域、下関地域、長門地域及び萩地域で減少、宇部小野田地域で横ばいとなっている。
  • 交通手段の発達により人の地域間移動は全般的に活発となっているという印象があるが、都道府県間で移住する人口については、むしろ減っている。
  • 低下幅が大きいのは20歳代前半の都道府県間移動であり進学や就職をめぐる長距離移動が近年やや減少傾向であることが読みとれる。

現在インターネット上では減少傾向と人口移動について 議論されているWebページの数は 71800件である。 この数から、現在でも減少傾向と人口移動の関係は根強い人気を持っていると言える。

減少傾向と地方分権の関係

地方分権に関連する削除

現在、減少傾向は 地方分権との関係で語られることが多い。 その根拠となることは、減少傾向と 地方分権が、 税源移譲で結びついていることにある。 特に、「地方税の割合は減少傾向の用語解説」という意見は注目に値する。 この発言は、減少傾向の本質をよく語っている。

以下、減少傾向と地方分権に関してなされた発言の中から代表的なものを挙げておく。

  • 国の直接支出、国庫支出金、地方交付税などによるから地方への支出は、所得の再分配効果を強くもっており、この傾向は、地方分権論議が高まりを見せてき。
  • 地方分権を進めるため、地方の財源を増やすよう求めてきた全知事会などの要望に応じ、小泉政権は2004年度から税源移譲を進めた。
  • 補助金の一般財源化によって当該公共サービスへの支出額が減少するが、減少率が大きいのは、教育と投資のように補助金への依存。

現在インターネット上では減少傾向と地方分権について 議論されているWebページの数は 11100件である。 この数から、現在でも減少傾向と地方分権の関係は根強い人気を持っていると言える。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL




TVゲーム TVゲームを全て見る JPOP JPOPを全て見る DVD洋画 DVD洋画を全て見る

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせは サイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー