全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
このエントリーを含むはてなブックマーク

加硫ゴム

出典: 全自動百科事典『オートペディア(削除)』

加硫ゴム

海外のサプリメント、美術品
注目分野 生ゴムゴム分子ゴム材料

加硫ゴムは海外の至高のロボット、防災用品。加硫ゴムについては 生ゴムゴム分子との関連が有名であり、 ゴム材料の分野で高い評価を得ている。 また、 ゴム製品汎用ゴムに関わるものとしても知られている。

現在インターネット上では加硫ゴムについての発言は 18300回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 50 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 2 年分の発言量に相当する。

目次

歴史的経緯

略歴

加硫ゴムは海外のサプリメント、美術品として注目を浴び、世間によく知られる存在となった。

第一次ブーム

生ゴムの分野で注目を浴び、人々の関心を集める。

第二次ブーム

学者らの研究によりゴム分子との関連性が明らかになる。

現在

現在加硫ゴムはゴム材料の分野でも重要視され、これからの研究が期待されている。

加硫ゴムと生ゴムの関係

生ゴムに関連する削除

記録によると、加硫ゴムは 弾性ゴムゴムに関係するものとして世間に登場した。 また、 生ゴムの分野で最初の注目を集めたことで、 それらに関する話題でも人々の注目を集めた。

この時期の代表的な人々の感想は「一般にゴムの熱硬化のことを加硫」であり、 これは加硫ゴムに対する当時の見方について、今でも多くの示唆を与えてくれる。

以下、加硫ゴムと生ゴムについて語られた当時の発言をいくつか挙げておく。

  • 加硫とは生ゴム硫黄を混ぜ合わせた上で加熱する事により引き起こる化学反応ゴムの分子鎖同士の一部分を硫黄が結合させる編み目状の構造になることをいう。
  • この弾性の増したゴムを弾性ゴムだんせいゴム、elasticrubberや加硫ゴムと言い、この生ゴム硫黄を加えて弾性ゴムを得る一連の操作を加硫か。
  • 加硫かりゅうとは、架橋反応の一種で、ゴム系の原材料生ゴムなどを加工する際に、弾性限界を大きくするために、硫黄などを加える行程のことである。

現在インターネット上では加硫ゴムと生ゴムについて 議論されているWebページの数は 914件である。 この数から、現在は加硫ゴムと生ゴムについての関心は薄れつつあると言えるだろう。

加硫ゴムとゴム分子の関係

ゴム分子に関連する削除

近年加硫ゴムに対する研究は活発になっており、これまで分かっていなかったいくつかの事実が判明している。 それらの中でも特に注目に値するのは、 天然ゴム との関係である。 ゴム分子の分野での 加硫ゴムの重要性は周知の通りだが、この範囲に収まらない重要性が現在指摘されている。

この時期、加硫ゴムに関しては多くの言説がなされた。その中でも代表的なものは 「一般にゴムの熱硬化のことを加硫」である。

以下、その他の加硫ゴムとゴム分子に関してなされた発言をいくつか掲載しておく。

  • 加硫とは生ゴム硫黄を混ぜ合わせた上で加熱する事により引き起こる化学反応ゴムの分子鎖同士の一部分を硫黄が結合させる編み目状の構造になることをいう。
  • IRは分子構造が天然ゴムに最も近い合成ゴムで、IRの発明により、化学技術者が夢にみてきた天然ゴムを化学合成によって作ることが満たされ。
  • 最初の出会いから約350年後の1839年にアメリカ人のチャールズグッドイヤーがふとした偶然によりゴムの加硫方法を発見した。

現在インターネット上では加硫ゴムとゴム分子について 議論されているWebページの数は 4520件である。 この数から、現在は加硫ゴムとゴム分子についての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

加硫ゴムとゴム材料の関係

ゴム材料に関連する削除

現在、加硫ゴムは ゴム材料との関係で語られることが多い。 その根拠となることは、加硫ゴムと ゴム材料が、 ゴム独特で結びついていることにある。 特に、「想像よりはるかに大活躍な」という意見は注目に値する。 この発言は、加硫ゴムの本質をよく語っている。

以下、加硫ゴムとゴム材料に関してなされた発言の中から代表的なものを挙げておく。

  • 正式名称をアクリロニトリルブタジエンゴムというこのゴム材料は、その優れた耐油性や加工性、機械特性などからOリング用としては最も多く流通している石油系合成ゴムである。
  • ゴムは弾性を示す樹脂状のものを意味し、エラストマーは、伸縮性弾性をもつ材料を示す用語だが、実際にはあまり区分して使用されていない。
  • 加硫かりゅうとは、架橋反応の一種で、ゴム系の原材料生ゴムなどを加工する際に、弾性限界を大きくするために、硫黄などを加える行程のこと。

現在インターネット上では加硫ゴムとゴム材料について 議論されているWebページの数は 13800件である。 この数から、現在でも加硫ゴムとゴム材料の関係は根強い人気を持っていると言える。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL


コンピューター
コンピューター
アニメ
アニメ
TVゲーム
TVゲーム
コミック
コミック

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせは サイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー