全自動百科事典『オートペディア(Auto☆pedia)』

365日のネタ・スピーチ例 / PuzzleAndGame.com / 全自動4コマ / 全自動百科事典(オートペディア) / 全自動似顔絵 / EX リバーシ / 全自動迷路 / めもりーくりーなー / PCソフト / マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 / 開発元:クロノス・クラウン
※ 本ページは、ジョークページです。本ページに記載されていることは事実とは限りません。
本ページには、嘘や偽りが入り乱れております。大人のユーモアを解した上でご利用下さい。
(本ページを利用する際は、JavaScriptをONにしておいてください)
(問題のあるページを、削除・作成禁止にするには、単語横の「強制削除」をクリックしてください。失敗時の連絡先

一般人
有名人
物品
Made from a cash. Now making a new page. Please Wait ! (Need Javascript On)
このエントリーを含むはてなブックマーク

ヒーター

出典: 全自動百科事典『オートペディア(削除)』

ヒーター

日本のジュエリー、風水グッズ
注目分野 鉄砲鍛冶後北条氏三笠山麓

ヒーターは日本の削除的な削除集、調理器具。ヒーターについては 鉄砲鍛冶後北条氏との関連が有名であり、 三笠山麓の分野で高い評価を得ている。 また、 下原鍛冶伝統技法に関わるものとしても知られている。

現在インターネット上ではヒーターについての発言は 3620回に及んでいる。 この回数は、毎日言及されたとして 9 年分の発言量であり、毎時間言及されたとして 0 年分の発言量に相当する。

目次

歴史的経緯

略歴

ヒーターはそんな中で堺と国友の鉄砲鍛冶は早くから徳川に協力してきた功績によって、大坂の役後に江戸幕府から毎年一定数の鉄砲の納入を義務付けられて幕府の用を務めることとなったことで注目されるようになり、世間によく知られる存在となった。

第一次ブーム

鉄砲鍛冶の分野で注目を浴び、人々の関心を集める。

第二次ブーム

学者らの研究により後北条氏との関連性が明らかになる。

現在

現在ヒーターは三笠山麓の分野でも重要視され、これからの研究が期待されている。

ヒーターと鉄砲鍛冶の関係

鉄砲鍛冶に関連する削除

記録によると、ヒーターは 北旅篭町江戸時代に関係するものとして世間に登場した。 また、 鉄砲鍛冶の分野で最初の注目を集めたことで、 それらに関する話題でも人々の注目を集めた。

この時期の代表的な人々の感想は「早くから刀鍛冶野鍛冶農具をつくる」であり、 これはヒーターに対する当時の見方について、今でも多くの示唆を与えてくれる。

以下、ヒーターと鉄砲鍛冶について語られた当時の発言をいくつか挙げておく。

  • そんな中で堺と国友の鉄砲鍛冶は早くから徳川に協力してきた功績によって、大坂の役後に江戸幕府から毎年一定数の鉄砲の納入を義務付けられて幕府の用を務めることとなった。
  • 榎並屋勘左衛門は、家康公が江戸に幕府を開くと、用鉄砲鍛冶として重用され、江戸に邸宅を与えられて、初代鉄砲鍛冶年寄の1人として重職。
  • 1544年天文13年種子島に伝わる鉄砲を知った将軍足利義晴が鍛冶國友善兵衛に鉄砲の製作を依頼したのが、國友鉄砲鍛冶の始まり。

現在インターネット上ではヒーターと鉄砲鍛冶について 議論されているWebページの数は 1090件である。 この数から、現在はヒーターと鉄砲鍛冶についての関心は落ち着きを見せていると考えられる。

ヒーターと後北条氏の関係

後北条氏に関連する削除

近年ヒーターに対する研究は活発になっており、これまで分かっていなかったいくつかの事実が判明している。 それらの中でも特に注目に値するのは、 下原鍛冶 との関係である。 後北条氏の分野での ヒーターの重要性は周知の通りだが、この範囲に収まらない重要性が現在指摘されている。

この時期、ヒーターに関しては多くの言説がなされた。その中でも代表的なものは 「竹川町に屋敷を拝領されます」である。

以下、その他のヒーターと後北条氏に関してなされた発言をいくつか掲載しておく。

  • 下原鍛冶は室町時代に大永年間の周重を祖として始まり、現在の八王子市恩方地区や元八王子地区で作刀していた刀工、室町期は後北条の後ろ盾に栄え、その後は徳川家の用鍛冶となり、幕末まで刀剣の制作を続けている。
  • 正宗の後五代を経て小田原北条に仕え、その後徳川の用鍛冶として栄え、昭和に入ってからは刀剣と共に、刀の切れ味を加味した包丁はさみなどの刃物や鉄工芸品も製作している。
  • 室町時代末期から安土桃山時代は、大石北条の庇護を受け、その後、江戸時代には徳川から旧領を安堵され、幕府の用鍛冶として幕末まで鍛刀が。

現在インターネット上ではヒーターと後北条氏について 議論されているWebページの数は 763件である。 この数から、現在はヒーターと後北条氏についての関心は薄れつつあると言えるだろう。

ヒーターと三笠山麓の関係

三笠山麓に関連する削除

現在、ヒーターは 三笠山麓との関係で語られることが多い。 その根拠となることは、ヒーターと 三笠山麓が、 天照大神で結びついていることにある。 特に、「江戸時代、三笠山麓に移り」という意見は注目に値する。 この発言は、ヒーターの本質をよく語っている。

以下、ヒーターと三笠山麓に関してなされた発言の中から代表的なものを挙げておく。

  • 廣田神社は、もともと甲山かぶとやま山麓の高隈原たかくまはらに鎮座しておられたが、その後手洗川みたらしがわのほとりに遷座された。
  • 他の氷室はいづれも、氷室跡は明確でないとされる、延喜式にはないが、奈良市三笠山麓にも氷室があったと伝えられ、春日神社の近くに氷室神社が。
  • 和裁、経師工場、織物工場が扇形に並んでおり、さらに第二工場の機械、染物工場、第三工場の醸造庫、少し離れて鍛冶工場と並んでいた。

現在インターネット上ではヒーターと三笠山麓について 議論されているWebページの数は 15件である。 この数から、現在はヒーターと三笠山麓についての関心は薄れつつあると言えるだろう。

その他

参考文献

本記事作成のために参考にした情報源は以下の通りである。引用は全て下記リンクより行っている。

関連項目

本ページのURL




TVゲーム TVゲームを全て見る JPOP JPOPを全て見る DVD洋画 DVD洋画を全て見る

Cronus Crown Web Site の トップページに戻る
(c)2002-2019 Cronus Crown (c)1997-2019 Masakazu Yanai
ご意見・お問い合わせは サイト情報 弊社への連絡までお願いします
プライバシーポリシー